ちゃんと知ってた?LED電球の優れた点3つ!


LED電球はエコとは言うけれど

「LED電球はエコ」という話はよく耳にしますが、電球の仕組みやワット数などに詳しくない人からすると「一体なにがエコなんだろう」って思うこと、実はありますよね。ここでは、今更人には聞けないLED電球の優れた点について紹介します。

LED電球は寿命が長い!

LED電球は長寿命です。「LED電球はエコ」という話は、この点を主に指して言っています。LED電球の寿命は製品によっても異なりますが、平均して大体20,000時間から60,000時間です。蛍光灯がおよそ9,000時間から12,000時間で、白熱灯が1,000時間から3,000時間程度とされていますから、その長さは抜きん出ていますね。一度LEDに交換するとその後長い期間交換が不要ですので、手間も電球の買い替え費用も節約できてエコというわけです。

スイッチを押せばすぐに点灯!

点灯までの時間が短いのも、LEDの特徴です。白熱電球の照明では、スイッチをオンにしてから明かりが点くまで間がありますよね。LED照明ではそのようなことがなく、スイッチを入れれば瞬時に明かりが点きます。また、蛍光灯でも、オンオフを繰り返すような場所の照明は寿命が来るのが早いと言われていますが、LEDではその心配もありません。ですから、センサー式の照明や人の出入りが激しいトイレの照明などに向いているとされます。

熱くならないから安心!

発熱が少ないという利点も、LEDにはあります。長い間明かりを点けていても電球が熱くなるという心配がないため、電球に何かが触れる可能性のある場所や、植物を用いている場所の照明としても使用が可能です。このように、LEDにはパッと挙げただけでも沢山の利点があり、使用箇所やインテリアの選択肢を増やしてくれるものでもあります。上手にLEDを利用してみましょう。

一般的な看板よりもledパネルの看板の方が、より多くの情報を表示することができるので、宣伝効果を高めることができます。